フラワーエッセンスabout flower essence
植物や鉱物、自然環境から作られたエッセンス

自然がくれた、癒しの贈り物

フラワーエッセンス(ネイチャーエッセンス)は、自然がくれた癒しの贈り物です。

人は昔から自然と深くかかわり、心を癒されてきました。
なかでも花は一番エネルギーが強い部分だと言われており、その花の持つ癒しの力を1930年代に療法として確立させたのが、イギリスの医師であり細菌学者・病理学者・ホメオパシー医でもあったエドワード・バッチ博士(1886-1936)です。

病気のいちばんの要因は、ストレスなどによる感情のバランスのくずれであると言われています。フラワーエッセンスは、花を水に浮かべてつくられました。エッセンスはこれを優しく整え、心の重荷の解放をサポートします。

自信がない、くよくよしやすい、人前に出ることが苦手、過去の出来事に縛られているなど、他にもさまざまな心の問題に優しく働きかけてくれます。心の重荷から解放されることで、体の問題も解消されることもしばしばです。
フラワーエッセンスは、植物(フラワー) のほかに動物、鉱物、海の生物、自然環境(オーロラや氷河など)からもつくられます。これらは総称してネイチャーエッセンスとも呼ばれています。

またフラワーエッセンス(ネイチャーエッセンス)は、アロマテラピーや漢方とは違って、植物、動物、鉱物などの癒しの力(波動)を水に転写したものですので、エッセンス自体には味も香りもありません。もちろん副作用などもありません。小さなお子さんや動物にも使えます。(お子さんや動物には大人よりも少量で充分です)

解決したい感情や、状況に直面したとき、フラワーエッセンスはあなたの心と体に優しく寄り添ってくれるでしょう。


気軽に日常的な感情のバランスを整えるために、あるいは性格や習慣の改善に使うことができます。そしてただ単に、ストレスとなっている部分をとり除くだけでなく、本来の良さを引き出しながら自分らしさを維持していく作用があるので、毎日のケアに気軽に取り入れていただくことができます。
【エッセンスの大きな特長】

① シンプルで簡単、誰にでも使える
赤ちゃんからご年配の方、ペットや植物にも使うことができます。

②害や副作用がまったくない
エッセンスには植物などの物質は入っていないので、私たちの肉体に直接影響を及ぼすことはありません。たとえ間違ったものを摂取したとしても、必要なものだけが働きかけ、それ以外は水に溶解して流れていってしまうだけで何も起こりません。つまり、必要のない人には何の効果も変化もありません。ゆえにお子さんや動物にも安全です。

③習慣性や依存性がない
エッセンスを使っていて、やめたから戻ってしまうというような習慣性や依存性もありません。エッセンスは穏やかに、感情や精神などの変化をもたらします。心の中に抱えていた緊張やストレス、こだわりなどを手放し、輝きを取り戻すよう意識の変容を導きます。課題がクリアされたと感じ、もうこのエッセンスは必要ないと思ったら、その時点でおやめになられても構いません。飲み忘れるようになった場合も、必要がなくなった時と言われています。

④他の治療法とも併用可能
エッセンスは自然水に波動をとりこんだもので、科学的な成分は入っていないので、他の治療法や薬剤とも一緒に使うことができます。
世界各国の医療現場でも使われており、病気であったとしても、併用することで回復への相乗効果が見られることも多く報告されています。
西洋医学は病気の症状そのものに直接対応して治療するもので、対処療法と言われています。
これに対しエッセンスは、現れた症状そのものではなく、病気になった原因に着目し、それを癒すことによって対応していきます。

⑤予防医学・未病医学
フラワーエッセンスは、体の病気に直接作用するものではありません。しかし、日本でも昔から「病は気から」「心身一如」など言われるように、近年では精神神経免疫学、予防医学、未病医学など、様々な研究がなされ、多くの医師が心のストレスと病気の関連性を認めています。
フラワーエッセンスは、目的別に現在2,500種類以上もあり、英国王室や世界のセレブリティを中心に愛され、海外では薬局でも扱われているほどポピュラーなアイテムです。日本でもメンタルクリニックなどの医療現場でも実践されており、飛躍的な変化をもたらしています。


自分のフィーリングにあった音楽を聴くことで、気持ちが安らいだり、慰められたり、勇気づけられたり、楽しくなったりと、心が動かされることがあります。
また、野菜やお花を育てる時に、音楽を聴かせたり言葉をかけると、その生育状態に歴然と差が出るという話は、随分と耳にするようになりました。
それと同じように私たちも、草木を見たり、花を愛でることで気持ちは癒され元気をもたらしたりもします。

これらはいずれも、花や植物の持つ波動や周波数(バイブレーション)が作用していると言われています。


エッセンスは、飲み物に入れて摂取したり、お部屋に撒いたり、お風呂に入れたり、いろいろな形で毎日をサポートできるアイテムです。
心身に負担を掛け過ぎることなく問題やテーマに向き合え、解決や前進するマインドを深いところからバックアップしてくれると皆さまに大変好評です。

使い方・選び方

【使い方】
基本的な使い方としては、エッセンスを直接口に3 ~ 4 滴落とし、数秒間そこにとどめるようにして摂ります。
緊急時やエッセンスをとても必要とするような時は、1 回の量を増やすのではなく、摂る回数を増やしましょう。

一般的には1 回に3 ~ 4 滴を1 日3 ~ 4 回、約3 ~ 4 週間ほど摂ります。

また、お水やハーブティなど飲み物の中にエッセンスを落として摂取したり、気になる部分、脈打つ部分(手首など)や各チャクラにたらす。
お使いのクリームや化粧品に混ぜる。(事前に手の甲などでバッチテストをして頂くことをオススメします。)
入浴時、お風呂に数滴たらす。
スプレーにして、ご自身の身体の回りや、お部屋などに使う。

いろいろなシーンで活躍し、ご自分にあった使い方ができます。



【エッセンスを使うタイミング】
・毎日好きな時に
・季節の変わり目
・新しい家や人間関係、仕事に適応する
・ハイヤーセルフと繋がる
・誕生と終焉
・手術など緊急時に
・グラウンディングが気になるとき
・儀式
・女性特有の問題に対して
・精神的なショックや緊急時
・洞察のツールに
・パートナーを引き寄せる
・ストレスを感じる
・統合の為に
・インスピレーション、集中力、決断力を高める
・人生の大きな転機
・あなた自身の認識を高めるとき
・誕生日
・ケガや病気、健康に変化があった時
・いらないものを手放すタイミング
・新しい年を迎えるとき
・性行為の前
・癒しの時間
・不安や心配が気になるとき
・セラピーの前後
・過去世の問題
・恋愛に関する問題
・旅行時
・家族との問題

等、人生のあらゆるシーンにお使いいただけます。



【おすすめの滴数】
各ブランドの作り手さんの信念や思い、感性で決められておりますので、それぞれブランドによっておすすめの滴数が異なっております。
ですがこの滴数はその通り摂らないと効果がないとか、いけないものということではございませんのであくまで「おすすめ」と考えて下さい。

販売提供元のネイチャーワールド株式会社によると、滴数について作り手さんに伺うと、全ての作り手さんが自分の直感に従うよう仰っているそうです。
つまり、絶対にこれでなくてはダメというルールはなく、大切なのはエッセンスを摂る人がどうかです。

そしておすすめの滴数で摂るのであれば、それは自然な流れであり、また自分の思う滴数で摂りたいと思うのなら、それもまた自然の流れということです。

当サロンでは、一般的な摂り方として1 回3 ~ 4 滴、1 日3 回、お水やドリンクに入れてとガイドさせて頂いております。



【保存方法】
ボトルのキャップに使用しているゴムの部分の保存状態を良くする為に、必ず立てて保存して下さい。
直射日光を避け、涼しいところで保存して下さい。
また、必要以上に気にすることはございませんが、冷蔵庫やテレビ等電磁波の発生する近くは避けて保存するようおススメしています。

保存用のブランデーを使わず、水だけでトリートメントボトルを作る場合は、少量を作る(2 ~ 3 日分ずつを目安に) ようにし、夏はやむを得ませんので、冷蔵庫に保存しておくことをおススメします。

保存用のブランデーを使わずトリートメントボトルを作る場合は、可能であればお酢、塩、植物性のグリセリンなどをお使い頂くことをおススメします。この場合も出来るだけ早く1 ~ 2 週間で飲み終える量を目安にお作り下さい。
【選び方】

フラワーエッセンスのもとになる花々は、欧米・オーストラリア・南アフリカ・アマゾン・ヒマラヤなど世界各地の大自然に咲く花たち。材料となる花には、それぞれ癒しの特性があり、使う人の目的によって選ぶことができます。例えば、仕事・家庭・人間関係・自己表現・ストレス解放・健康維持・充実した人生・緊急時用など、自分が持っている様々な悩みに対応し、サポートしてくれるエッセンスを選んでみましょう。


☆フラワーエッセンスを選ぶ一般的な方法☆
・直感で選ぶ。
・テキストの解説から選ぶ。
・エッセンスの花のカードを見て、心魅かれたものもしくは苦手なものを選ぶ。
・ペンデュラムなどを使い選ぶ。
・Oリングやキネシオロジーなどの筋反射テストを使って体の反応から選ぶ。

コトフサロンでは、エッセンスを選ぶサポートも行っています。
お気軽にお問合せください。


【ペンデュラム】
当サロンは、ご自由にお使いいただけるペンジュラムも目的別にご用意してあります。

同じカテゴリーのエッセンスで、どちらが自分に最もふさわしいか、見つけることができると皆さまに好評です。

ぜひお使いになってみてください。



☆ペンジュラムの使い方☆

①まず深呼吸をし、心とマインドを落ち着けてからはじめてください。その後ペンデュラムを手に持ち調和( エネルギー的につながる) をとります。  ペンデュラムは親指と人差し指でつまむように、短めで持つと、どの方向にも平等に動きやすいでしょう。

②ご自身のYES とNO のサインの決定をします。ペンデュラムを持ってYES とNO がハッキリしていること、例えば、“私は花子です”のように自分の 名前や、私は女性ですと言って、ペンデュラムがどう動くか反応を見ます。一般的にYES は右回り( 時計回り)、NO は左回りになる方が多いようですが、それぞれサインは異なりますので、まずはご自身のYES、NO の動きをきちんと確認しましょう。

③ペンデュラムのサインが決定したら、“このエッセンスは私に必要です”などといって自分にとって必要なエッセンスかどうか、反応を調べてみまし ょう。YES の反応が出たら自分に必要なエッセンスということになります。

④他の方にエッセンスを選ぶ場合、相手の名前とエッセンスを摂る目的を確認しましょう。遠隔でもお電話でも選ぶことが出来ます。大切なことは“ 相手のエネルギーとつながること”を心がけることです。



☆Oリングテストの方法☆

Oリングテストとは、片方の手の親指と人差し指の先端をつけてO の字を作り、検者が被験者の指を離すように引き、指が離れないことであなたにあったエッセンスを選ぶ方法です。

①まずは準備段階として、被験者の指の強さと、正しく反応しているかをチェックする為のテストを行ないます。

②片方の手の親指と人差し指の先端をつけてO の字を作ります。

③検者が被験者に対し、“強い力を教えて下さい“と言ってO の指を両手で離すように引きます。あらかじめ被験者には合図( 例えば“開きますよ”とか“ 準備はいいですか”と言ってから) をしてからO リングを開けること、合図の後に指に一定の力を入れて抵抗するよう指示を出します。

④被験者に自分の名前などYES、NO がハッキリしているものを言ってもらって、O リングの指を引き離すテストをし、正しく反応していれば(YES  ならきつく閉じていて開かない) テストは終了です。
この時指が強すぎて開かない場合は指を中指か薬指に変えながら正しく反応する指を見つけて下さい。

⑤エッセンスをあいている手に握り、“このエッセンスは私に必要です”と言ってOリングテストを行ないます。必要な場合は指が開きません。エッセンスは手に持たなくてもOK です。エッセンスを使わずエッセンスの名前を言って( 例えば“私にはアバンダンスエッセンスが必要です”と言って) 反応を見たり、片方の手で花カードやパンフレットに載っている写真を差しながらOリングテストをすることもできます。

取り扱いブランド

当サロンでは、多種多様な世界各国のフラワーエッセンスブランドを扱っています。

エッセンスはもちろんエッセンス入りのスプレーにクリーム、オイル、ジェル、基礎化粧品やペンダント、ハーブティーなども含めいろいろございます。皆さまの生活にあわせて取り入れていただくことができます。


ネイチャーワールド株式会社:輸入発売元ブランド

パシフィックエッセンス

コルテPHIエッセンス

オーストラリアンブッシュフラワーエッセンス

アラスカンエッセンス

ヒマラヤンフラワーエンハンサーズ

ラブズアルケミーエッセンス

パワー オブ フラワー ヒーリング エッセンス

・インディゴ エッセンス

・ジェーンベルエッセンス

・スピリットインネイチャーエッセンス

アラレタマ レインフォレストエッセンス

アンジェリックエッセンス

・ヘイゼルレイブン

・ルーシー・キャベンディッシュ


その他のブランド

・FESフラワーエッセンス

・ヒーリングハーブス

・ハワイアン レインフォレスト ナチュラルズ

・レイエッセンス

・ジェモセラピー

・ファー・イースト・フラワー・エッセンス

・バイオケミック ティッシュソルト

・6elements Japan

・フラワーエッセンスのシャンドゥルール



株式会社 SEEDS OF LIGHT
一般財団法人日本フラワーレメディセンター

・エインズワースのバッチフラワーレメディ



資料提供:ネイチャーワールド株式会社