2020.11.30

未来のイメージが出来ない時は天才画家になってみる

こんにちは。

CRUISE TO FUTURE
直観コンサルタントの宗 大輔です。



NLPでは未来実現の方法として、
目標を達成するまでのプロセスよりも、
先にその目標(ゴール)を達成した時の状況を
イメージすることから始めます。

まだ達成していないことでも、
五感を使ってありありとイメージすることで、
潜在意識は「すでに達成している自分」として
捉えるからです。

結果、無意識(潜在意識)レベルで
その達成している姿に向かっていくように働きます。

そうすると、
自然にゴール達成に必要な思考や行動を取るようになり、
またそれにふさわしい、必要な人との出会いや
繋がりができてきます。



この流れはNLPに限らず、
量子力学などでも証明された理論です。

でもここでいう「イメージ」という言葉に
引っかかる方がいらっしゃいます。

引っかかるというか、
多くの方がため息をもらすポイントもここにあります。


「私、イメージできないんです・・・」



そうなんです。

いざ、あなたの理想の未来をイメージしてください、
といわれても、
そんなにはっきりとは想像できないこともありますよね。


ましては五感を使ってありありと想像してね、
といわれても・・・。


でも大丈夫です。

最初から何もかもはっきりと
自分の理想の未来を想像できる人のほうが稀です。


それができる人はおそらく
これまでずっと「こうなれたらいいな」と
多くの時間を割いて想像していたのではないかと思います。


それでは、
なかなか未来をイメージ出来ない時はどうすればいいのか。


その場合、
まず理想の自分の未来のうち、
10%だけイメージしてみてください。


例えば、
多くの人の前で講演をしている、
という目標を想像する場合、
まずは会場の広さとか、
全体の色とか、
席数とかをイメージしてみる。

もしくは自分の身の回りのこと。

自分が着ている服だとか、
靴の色だとか、
マイクの形とか。

そうやってまずはイメージしやすいところから
想像してみます。

もし、10%もイメージできないという場合は、
1%でも構いません。


その代わり、
毎日、少しずつイメージのパーセンテージを
増やしていくようにしてみます。


ここで、
「えっ、毎日イメージするんですか! 大変!!」
と思う方はもしかしたらその目標は
本当に望んでいるものではないかもしれません。


なぜなら自分が本当に達成したい姿であれば、
それをイメージする作業は楽しくなるはずだからです。


こういうところも、
自分がどんな人生を望んでいるかのバロメーターにすることができます。


さておき、今日のテーマは、
理想の未来、目標は
一回で全部ありありとイメージしなくても大丈夫ということです。


一流の画家の多くは1枚の絵に1年以上費やします。
丁寧に自分の想いを込めて仕上げていきます。

それを考えると、
自分のイメージを1日1%膨らませていっても、
100日で完成します。

しかもじっくりイメージして作り上げているので、
意識にもしっかり定着しています。

その頃にはもうこれからの人生への
ワクワクから毎日が充実していることでしょう。


ということで、
理想の未来(目標)へのイメージは
すぐに作ってもいいし、
じっくり作ってもいいということなのです。


一番大事なことは、
それをイメージするたびに
あなたが心の底からワクワクしているかどうか、です。

ぜひお試しください。





======================================================

☆人生の目的を見つけて最高のビジョンを具現化する☆
「人生の選択コンサルティング」

・本当にやりたかったことが分かる
・人生の方向性が見つかる
・人生の転機で最良の選択ができる
・人生を逆転させるプロセスがわかる

脳科学メソッド×直観力
最高の人生を歩むための珠玉のセッション

詳細はこちら

======================================================

☆閉所・人込みへの苦手意識を改善したい方☆
【閉所苦手ケアカウンセリング】
詳細はこちら

======================================================

The fun is coming now.
お楽しみはこれからだ!


それではまた。
2019 - CRUISE TO FUTURE