2020.01.09

なぜ夢や目標を明確にする必要があるのか

いよいよ2020年も、はじまりました。

メルマガ作成にあたり見てみると、

このメルマガも投稿110回目。

11という数字は、「インスピレーションを与え、

周りの人を導いていく光のような存在」という意味を表し、

マスターナンバーというエネルギーの強い数字です。

この1年がこの数字がもたらす意味に相応しい年になるように、

今年はさらに良いもの、より良い情報を皆様にお届けできるように、

活動の輪もひろげ、コトフと共に私も前進していきたいと思っています。



さてさて、そういったことにも繋がり、

次回のNLPコースのテーマにもなっている

夢や目標を明確にもつということについて。





今でこそ私は、「目標がない人生は・・・」

といったお話をお伝えしていますが

数年前までの私はというと、

夢や目標があると、なんだか窮屈な感じがする。

達成できなければがっかりするからその発想はどうなの?

今を楽しんでいれば大丈夫なはず

ざくっとしたテーマを1年の抱負に掲げて

それを意識して努力していれば

間違いなく成長はするからそれでいい。

そんな風に思って毎年過ごしていました。



ですから、何年も同じことがテーマで(ちなみに自分磨き)、

その年によってサブ的な要素(外見、内面、知識、感性など)を変えるだけ。

でもそれはそれで一生懸命向き合うので、

1年が終わるころにはその成長度に満足もしていました。



けれども、いまになってそれを振り返ると、

来る日も来る日も、同じ次元のことをただただ続けていたことに

気づかされます。



やればできると知っていた未来を、ただ叶えていたに過ぎないのです。

しかもそれは、ひとりの世界でのことだった。





私たちは、「幸せ」をテーマに人生を歩んでいます。

そして人との豊かな関係なくしては、

それは叶えられない仕組みになっています。



人は3年同じことを続けると、

刺激や変化を求めるということからも、

当時の私は、一見ポジティブで穏やかそうな形ではあるけれど、

年々人としての成長を求めて、無意識にも

自分に負荷をかけ続けていたことも納得できます。

いわゆるこれが、「頑張り違い」だったのですね。



頑張る・頑張れるということは、

人生の目標や目的が明確に把握できていて

はじめて持続してできることです。



例えばタクシーに乗ったとして、

「とりあえず品川まで」と伝えると車は走らせてはもらえますが、

運転手さんも、良いルートを選択しながら進むことはできなくて

安心したなかで運転することもできません。

なんとか一般的なルートで品川に到着したとしても、

目的地が明確でなければ、それから先、

望んだところにはいくことができません。

目的地がわからなければ、なんとなく近くまではきたものの

迷子になってしまします。

それを回避するには、現在地を確認して、

目的地までのルートを見出す必要があります。

そしてできれば最短ルートが、いいですね。



ここで面白いことに、人生の目的というものは、

今見えているルートにはないのが特徴です。

今見えているルート上のものは、

歩んできた過去を軸に見ているので

宿命と経験のエッセンスから見出しています。

でも時間というものは未来からやってくるので、

未来と運命を選ぶことができ、

逆算してみていくことで

そこに到着するまでのステップを作ることもできます。

そして同時に、おのずと自分が大切にしている

価値や基準も明確に。



それがわかったうえで湧き上がる目標に向き合う感情は、

目的までのガソリンになり、

モチベーションを保ち、自分を支えてもくれます。



そしてそれをまた具体的に(チャンクダウウン)してみていくと、

得意としていることや、才能がみつかります。



その才能の掛け算したものが、

人生の役割や使命や天命ともいえる答えにつながっていて、

そういったことがリアルにわかる質問シートを

1月のコトフサロンでは体験していただきます。



ちなみに、私の才能発見チェックシートは

1起業家 2科学者 3アーティスト 4プロデューサー 5教育者/メンター 6革命家 7エンターテイナー

そして宗さんは

1革命家 2職人 3アーティスト 4教育者/メンター 5講演家 6科学者 7商売人



ふむふむってかんじも致しますね(笑)

このチェックシートは、詐欺師というものも才能としてあるので、面白いですよ~。



3回シリーズでお届けするコトフサロンセミナー。

回数割もあるので、タイミングのよい方は是非ご参加ください。



それでは

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ひきつづき有意義なひとときをお過ごしくださいね

松岡玲子