2020.03.24

すごい時代になりますね

こんにちは。
ライフコーチの宗 大輔です。

====================================

ワクワクする時代 or 大変な時代

====================================

コロナウィルスを巡る世界情勢が、まさに一日ずつ大きく変化していますね。

世界の大都市が軒並み緊急事態宣言やロックダウンを行う中、

日本ではどこか楽観ムードが漂ってます。


もしかしたら日本人の多くが、

「まあ自分は大丈夫」という根拠のない安心感を持っているのかもしれません。

こういう脳の思考フィルターを「楽観バイアス」というそうです。

中には、日本人は親しい人同士でハグやキスをする習慣がないので、爆発的な感染にはならないという説もあります。

逆に既に日本では大多数が感染しているのに、検査の規模を拡大しないから患者数が増えないだけだという説もあり。

こういう状況だと両極端の説が出てくることが行動心理学的観点からみると、とても興味深いなと思っています。

僕自身は、京都大学 iPS細胞研究所の山中伸弥教授の「コロナウィルスは人類に対する脅威だが、皆が協力し、賢く行動すれば被害を最小限にできる可能性がある」という言葉が、最も的を射た発言だと感じます。

人類が経験したことのない状況にいるのに、お気楽に楽観視すればいいのか、絶望的に悲観するべきなのか、そんなの答えを出しようがありません。

だからこそ一人ひとりがどのような行動を取るのか、そこにどんな価値を見出すかが、コロナ騒動が収まったあとの世界、いわゆる「アフターコロナ」をどう生きるかに繋がっていくと思います。


先の見通しの立たない状況ですが、ひとつだけ確実にいえることがあります。


それは、アフターコロナの時代は間違いなく「すごい時代」になるということです。

ほぼ確実に世界的な大恐慌が起こるでしょう。

たくさんの会社が倒産するでしょう。

多くの方が失業するでしょう。


それは今まで人類が味わったことのない「すごい世界」です。


さあ、ここでおうかがいします。



Q.あなたにとって、アフターコロナの世界とはどのような世界でしょうか?

こう聞くと、

不安、怖い、絶望

というワードが浮かぶかもしれません。



それでは少しだけ質問を変えます。

Q.あなたにとって、アフターコロナの世界とはどれほど素晴らしい世界でしょうか?



そうなんです。

この状況を乗り切った後はどれほど素晴らしい世界が待っているのか、と自分に問いかけると、不思議と希望の光が見えてきます。

僕に取ってのアフターコロナの世界はワクワクする世界です。

例えば日本では東京を中心に毎日、超満員電車に揺られて出勤している方が大勢いる世の中です。

ある研究では、満員電車内のストレスは、兵士が戦場で敵に遭遇した時と同じくらいの負荷が掛かっているそうです!(ほんとかな、とは思いますが・・・)

でも今、多くの企業が時間をずらして出勤することを取り入れています。

こういうニュースをみるとちょっと思いませんか?

「なんだ、やればできるじゃん」って(笑)


コロナに罹るかもしれないというストレスと、定年まで40年間満員電車に乗って通勤するストレスとでは、どちらが大変なんだろう、と思わず考えてしまいます
(もちろん、それでも通勤されている方には敬意を表します)。


ともあれ、おそらくアフターコロナの時代になったら、これまで当たり前だと思って、”我慢”してきた社会的慣習が一気に見直されるのではないでしょうか。

これまで、

「仕事とはつらいものだ」

「社会に出たら我慢しなきゃいけないことだらけ」

「世の中そんなに甘くない」

だから満員電車も我慢しろ。

そんな価値観が音を立てて崩れて、

「好きなことを仕事にできるんだ(というか、むしろ好きなことしか仕事にできないようになる)」

「本当に価値観の合う人と納得しながら楽しく仕事をしていいんだ」

「世の中、意外に愛に溢れてる」

「なんて優しい時代なんだ」

そんな世の中になるような気がします。

”気がする”だけで根拠はありません。

でもそうならないと、もう人もシステムも限界になってきていたように感じるのです。

今の騒動はそのための強制リセットなのではないかとすら思っています。

先程、倒産や失業というワードを書きましたが、そもそもなくなってしまう業種が沢山出てくることからも、むしろ新しいことを始めることができるとポジティブに捉えると希望も見えてきます。

もちろん、辛い感情を味わうことも承知の上でこのようなことを書いています。

それでもなお、大局的な視点では、やはり希望の時代が訪れるように強く感じます。

僕たちコトフでも、今まさに必要な情報、スキルなどを提供するにはどんなコンテンツが良いかを日々シェアしています。

僕個人のことに関しても、今までは考えもしなかった「この世に生きてきた使命」というものをじっくり考えるようになりました。

生れてから40年間、社会人として通用しないという劣等感を持ち続けてきた僕がNLPをはじめとした心理学に出会い、多くの素晴らしい人たちとの出会いを通じて感じてきた「自分と周りが幸せになる生き方」をいよいよ深めていくときが来たと感じています。

つまり僕は今の不安定な状況を危惧しながらも、その先にあるものにはっきりと”ワクワク”しています。

今、コトフのイベントやセミナーに参加してくださる方々との交流は素晴らしい気づきと優しさと勇気を与えあうとても貴重な時間になっています。

どのような形でも、ぜひコトフ主催のイベントに参加していただければと思います。

今が本当に自分を向き合う良い機会がきたんだなとワクワクドキドキしながら過ごせれば、それもまた幸せですね。


ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

The fun is coming now.
お楽しみはこれからだ!

それではまた。
2019 - CRUISE TO FUTURE